金曜日のスマイルたちへ|亡くなったにこるんのファン「ななみん」て誰?本名、没年齢、病気を紹介|12/6

今日放送の金曜日のスマイルたちへにて3年前に亡くなったにこるんのファン「ななみん」が紹介されます。

一体どんな人なんでしょう、皆さん気になりますよね?

そこで今回は「金曜日のスマイルたちへ|亡くなったにこるんのファン「ななみん」て誰?本名、年齢、病気を紹介」について紹介していきたいと思います。

金曜日のスマイルたちへ|亡くなったにこるんのファン「ななみん」て誰?本名、年齢、プロフィールを紹介

本名は分かりませんでしたが没年齢は15歳です。

調べたところこれといった情報がありませんでした。

情報が入り次第更新していきたいと思います。

金曜日のスマイルたちへ|亡くなったにこるんのファン「ななみん」の病気を紹介

3年前に亡くなったにこるんのファン「ななみん」の病気は

「修正大血管転位症」といいます。

修正大血管転位症とは?

大血管転位症には、完全大血管転位症と修正大血管転位症が含まれます。

完全大血管転位症とは、右房と右室、左房と左室が正常につながり、

右房と右室、左房と左室が逆になっている病気です。

心室中隔(右室と左質を隔てる板)欠損のないI型、

心室中隔欠損を合併するII型、心室中隔欠損+肺動脈狭窄(肺動脈が狭い)合併のIII型があります。

心房心室の特異なつながりのため、

房室プロックや頻拍発作などの不整脈が多いです。

原因としては本来正常の心臓が発生する過程では、

心臓は1本の筒状になっています。

それが右に屈曲して屈曲部は右心室になります。

修正大血管転換症では、正常の右への屈曲ではなく、

左に屈曲するために発生すると考えられますが、

その原因は不明です。

修正大血管転位症では、

心室中隔欠損と肺動脈狭窄・閉鎖合併例ではチアノーゼを示します。

大きい心室中隔欠損があると乳児期から心不全症状がでます。

房室ブロック、頻拍発作も多いです。

心内合併疾患を伴わない場合、当初無症状ですが、

成人期以降に房室ブロック、三尖弁閉鎖不全、

右室不全が出てくることがあります。

治療としては、修正大血管転位症では、

心房中隔欠損閉鎖、心室中隔欠損パッチ閉鎖、

または心外導管を用いて解剖学的左室と肺動脈を結ぶ

Rastelli手術が行われます。

解剖学的右室機能の長期予後を考慮して、

心房位転換術とRastelli手術や大血管スイッチ術を組み合わせて、

左室を動脈側心室とするダブルスイッチ術が行われることもあります。

難治性心不全の状態では、外科的修復が不可能で、

内科的対症療法に限られることもあります。

金曜日のスマイルたちへ|亡くなったにこるんのファン「ななみん」のTwitter、Instagramアカウントは?

Twitterアカウント

Instagramアカウントはありませんでした。

やっていなかったようです。

芸能

Posted by yuukibaron